内装解体

■内装解体の種類

◇原状回復工事

原状回復工事は店舗や事務所などのテナントが移転、撤退時する時に、看板などの建物付帯物・諸設備の撤去や床・壁・天井などを修繕し、元通りの状態に戻す工事のこと。店舗や事務所の移転・撤退、マンションにお住まいの方が引っ越しをする際などは、設備などを取り除いて貸主に部屋を返さなければならないことがほとんどです。

◇スケルトン工事

スケルトン工事は、新しく入るテナントが内装を一新するため、建物構造上必要な部分以外を全て解体し、床・壁・天井、配線・給排水管・吸排気設備などを建物設立時の状態に戻す工事のこと。店舗の場合は、コンクリート打ちっぱなしの状態にすることがほとんどです。

 

■内装解体のポイント

◇専門業者に頼んで費用削減

内装解体工事はリフォーム業者に依頼することも可能なのですが、実際は下請け業者へと外注するケースがほとんど。下請け業者を挟む場合、工事とは関係のない”中間マージン”という余計な費用が必要になります。

解体作業は、私たちのような専門業者に直接ご依頼いただくことで、余計な費用をしっかりと抑えることができます。

◇小さな解体工事もお任せ

私たちは内部の全解体や撤去のみならず、部分的な解体も対応可能。たとえばボロボロになったカーポートの解体や腐ってしまったウッドデッキなどの解体工事など、小さな工事も快く対応いたします!

「この一部分だけ取り壊してほしい…」といったご依頼がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

▼お問い合わせはこちら

【事務所】022-341-9961
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ≫
【対応エリア】黒川郡中心に宮城県・福島県(他エリアもご相談ください)

一覧ページに戻る