木造解体

■こんな解体方法があります

◇手こわし解体工事

重機を使用せず、職人の手で専用工具を使って解体する工法。
振動や騒音を抑えることができ、簡単に廃棄物を分別できるというメリットがあります。

隣接している住宅地や重機が入り込むことができない土地で、その効果を最大限に発揮します。

◇手こわし併用機械分別解体工事

建物内部を手こわしした後、重機を併用して使い作業を進める工法。現在主流の解体法です。

再資源化しやすい木くずや、がれきを重点的に分別しながら作業を実施。手こわしと機械を併用するため、効率的に工期を短縮することができます。

 

■木造解体工事のポイント

◇お見積り

解体工事をする際、工事範囲を明確にしておくことが、重要なポイント。
その理由は建物の場所や構造、広さ、ご要望などに応じて費用が決まるためです。
当社では、お見積りと実際の費用との差を最小限にするため、現地調査やヒアリングを実施してから工事のご提案をいたします。安心してお任せください。

◇スケジュールの管理

解体工事のスケジュールや工期は、建物の構造や立地状況などによって変わります。
施工の前にはなにかと準備が必要。たとえば自治体への申請・届け出や工事の事前調査、近隣へのご挨拶などです。ですのである程度、スケジュールには余裕を持ってご依頼していただくことをオススメします。

もちろん、お急ぎの場合でも全力を尽くて対応いたします。

◇地中障害物による追加工事

地中障害物とは、建物の地中に埋没している、以前の建物の基礎や浄化槽のこと。

地中に埋まっていてその姿が見えないため、工事を進めなければ存在の有無が分かりません。それらがあると、次の建物を建てる際の基礎工事の妨げになるため、除去する必要があります。ですので発見される度に、追加費用がかかってしまうことになるのです。

建築図面などがある場合、確認の際に役立ちますので、事前に準備されることをオススメします。

▼お問い合わせはこちら

【事務所】022-341-9961
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ≫
【対応エリア】黒川郡中心に宮城県・福島県(他エリアもご相談ください)

一覧ページに戻る