RC解体

■こんな解体方法があります

◇圧砕工法

爪形の刃を持つ圧砕機をショベルの先端に取り付けて、鉄筋コンクリートを粉砕する解体工法。
振動や騒音も比較的抑えられるので、RC解体ではもっともよく使われる工法です。

◇大型ブレーカ工法

圧砕機では対応しきれないような断面の大きな部材や、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物に使用する工法。
騒音や振動は大きくなりますが、作業効率が高く大きさや形状に関係なく解体が可能です。

◇ハンドブレーカ工法

重機が入れない場所での解体時に使用される工法。
コンプレッサーと呼ばれる圧縮機から空気を送りこむ装置のことをハンドブレーカといい、これを使用する際は、熟練の技術が必要とされます。

◇転倒工法

外壁など高さのある構造物を転倒させることで、危険な高所作業を減らして解体を進める工法。
コンクリートの破片が外部に飛び散ることも抑えられ、周囲に及ぼす影響を最小限に食い止めます。

 

■RC解体工事のポイント

◇工事の難易度

RCは非常に強固につくられているので、木造や鉄骨の解体に比べて工事の難易度は高め。
大型の重機を使用することが多く、壁倒しなどの作業では危険を伴うことも生じます。

当社では安全性・工期・経済性を考慮したうえで、立地条件や周辺の状況に合わせた工法で工事を行います。

◇費用が割高

RC解体は大型重機が必要になる分、木造や鉄骨造の建物に比べると解体費用は高くなる傾向にあります。
柱の本数や太さや建物の構造・立地環境によっても大きく変わるため、十分な現地調査を行った上でお見積りを作成いたします。

▼お問い合わせはこちら

【事務所】022-341-9961
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ≫
【対応エリア】黒川郡中心に宮城県・福島県(他エリアもご相談ください)

一覧ページに戻る